栗原勇大の眼科Q&A

質問があれば記載下さい。出来る限りお返事致します。
※Eメール入力は任意です。入力された場合、掲示板に公開されますのでご了承下さい。
※お名前はペンネームや匿名でも可です(空欄だと投稿できません)。
※暗証キー欄にご自分で決めたパスワードを入力頂くとご自分の投稿が修正・削除できます。


[ホームに戻る] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ ※ペンネームでも結構ですので必ず入力してください。
Eメール ※入力は任意ですが掲示板に公開されます。
タイトル ※簡潔で分かり易いタイトルを入力してください。
コメント
※HTMLタグの使用はできません。
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
光凝固術後の視力について 投稿者:ソラ 投稿日:2017/07/21(Fri) 13:21 No.3456

はじめまして。
詳しく書かれたブログを読ませて頂き大変勉強になりました。
お忙しいと思いますがご回答頂けたら幸いです。

私は30代女性で、昨日(7/20)増殖網膜症(糖尿病)の治療でレーザー光凝固術を受けました。
その日は眼底を開く?目薬を差していたので視界がぼやけていたのですが、今朝になっても、そのぼやけが全て取れません。
文字が見えないという事はないのですが、ずっと眼球の真ん中より外側くらいに目ヤニがついているかのようなぼやけがあります。

合併症による視力の低下はもう戻らないというのは理解して挑みましたが、光凝固術をやったことで、見え方に問題がでるとは思わず不安に感じています。

これは現在レーザーによる火傷で、一時的にそうなっているのか、もうずっとそうなのか不安です。
また来週にはもう片方の目、その後もまた二回目をそれぞれやるので、どんどん視野が狭くなるのでは?と不安です。

光凝固による上記の事は治っていきますか?

ちなみに血糖コントロールはおおよそ上手く行っていて、現在はHbA1cが5.2、空腹時血糖が90です。
一番高い時が10越えていて、糖尿病と知るまでに5年くらい経っており、目に影響が出てしまいました。

宜しくお願い致します。


前嚢収縮左上部チン小帯断 投稿者:ぱちくり 投稿日:2017/07/12(Wed) 12:46 No.3449

よろしくお願いいたします。
60歳代の女性ですが、狭隅角による白内障手術でしたが、手術日の10日前に両目と前日に左目の2回閉塞緑内障発作を起こし、手術時間は5月9日に左目40分、翌日右目40分かかりました。
角膜が張れているので時間がかかるとのことで退院し近場の医院で経過観察中です。
手術後、左目に膜が張っている感じで白っぽく見え1月後くらいから右目も同じ感じになり、手術した病院で診察を受けた結果、前嚢前嚢収縮左上部チン小帯断裂で他のチン小帯も弱くなっている。と言うことでリスクを考えると手術しないほうが良いと言われましたました。近場の医院の先生もこのままのほうが良いとの意見です。
症状は徐々に悪くなっている感じようで、常に白っぽく霞がかかっていて、ごろごろした感じや膜が張り付いたような感じです。特に照明多い所では辛く、この状態が続くと思うと気が重いです。
現在は左のレンズは少しずれているようです。メガネなしで見えていますが、これから先が不安です。2ヵ月経ちましたが前嚢収縮はいずれ良くなるのでしょうか。
手術は先生方のおっしゃるようにそんなにリスクが大きく躊躇われるものなのでしょうか。


Re: 前嚢収縮左上部 - 栗原勇大 2017/07/17(Mon) 16:36 No.3451

前嚢収縮という病態は自然経過で見た場合、悪化することはあれ、回復することはありえません。
(むしろ悪化することがほとんどです。)
チン氏帯が弱く、YAGレーザーで前嚢切開を行うと、レンズが落下するリスクがあるのだと思います。
程度によりますが、あまりに視力がわるいようであれば落下覚悟でYAGレーザーにチャレンジですし、
もしくは最初から、レンズ交換の手術を検討することになります。
どちらにしても、手術は眼内レンズを細かく縫い付ける手術(眼内レンズ縫着)or強膜にレンズの支持部を固定させる(強膜内固定)になります。
手術リスクは、数千人に1人程度で大出血、1000人に1名以下で感染症、100人に1人以下で網膜剥離になります。
現状で乱視が弱い場合、手術後の方が乱視が強くなるリスクは高くなります。
(逆に現状で乱視が強い場合は、手術で補正できることもあります。)

手術が望ましいか、様子見が無難かは、診察をしないとわかりません。


前嚢収縮左上部チン小帯断 - ぱちくり 2017/07/18(Tue) 18:41 No.3452

お返事有難うございました。
本日、手術した病院で受診しましたところ、裸眼で0.4矯正視力0.7弱い乱視でまだ術後3カ月経っていないので暫く様子見で1カ月後受診になりました。
視力は下がっていますがやはり手術はおすすめできないようです。
気になっているのは、常に白っぽく霞がかかっていて、ごろごろした感じや膜が張り付いたような感じですが先生は収縮が黒目にかかってないのでそんなはずはないと言われました。
この症状が少しでも改善できればと思いますが、後発白内障の可能性はありえるでしょうか。


Re: 前嚢収縮左上部 - 栗原勇大 2017/07/19(Wed) 17:55 No.3453

診察をしないと何とも言えないですね・・・。
角膜の状態が悪いのかもしれません。
もしくは、緑内障の視野は如何でしょうか?


前嚢収縮左上部チン小帯断 - ぱちくり 2017/07/20(Thu) 15:25 No.3455

度々、お返事ありがとうございます。
18日に手術した病院に行ったのは、14日に通院している医院に行ったところ2週間の間に前嚢収縮が進んでいるので弱いレーザーだと大丈夫だろうと紹介状書いていただいたので行った次第でしたが様子見の結果でした。
今さしている目薬は、フルメトン0.1、ラビット0.5、ブロナッグですが、もし角膜の状態が悪かったとすればこれらの目薬でも角膜に効いていたのでしょうか。
先生のご意見を参考に通院している医院で角膜や緑内障の視野について尋ねてみようと思います。有難うございました。


無題 投稿者:がたっち 投稿日:2017/07/10(Mon) 20:17 No.3445

 レクトミー後の合併症について質問させてください。
 術後眼圧は低い時は3、大抵は6〜9なのですが、年齢が40歳代で近視が-8Dと強いせいか、術後2ヶ月くらい経って浅前房、低眼圧黄斑症となりました。

 浅前房はアトロピン点眼で改善しましたが、眼底のでこぼこシワシワは変化なく、1本再縫合してもほとんど眼圧に変化なく、前房にヒアルロンを注入してもほとんど眼圧が上がらない状態です。

 眼底黄斑がシワシワな状態が長期続くと危険と聞きます。すでに5ヶ月ほど経つのですが、どの程度経過すると戻るのが危険なのでしょうか。
 圧迫縫合した方がいいとも言われますが、長期的なブレブの保持にはあまり良くないことなのか、そうはいってもこのまま様子を見る方がまずいでしょうか。


Re: 無題 - 栗原勇大 2017/07/10(Mon) 22:54 No.3446

視力はどの程度でしょうか??
粘弾性物質をいれても眼圧が上がらないというのは、今も過剰濾過かと思います。
かつ、低眼圧が続くと房水を産生する機能が低下してしまい、結局は濾過胞が潰れてしまいます。
現時点で濾過胞が大きく形成されていれば、少し様子をみることが多いです。
現時点で、実は濾過胞がほとんど形成されていないのであれば、今回の手術の傷は残念な結果で、
ただ房水が産生されないために、眼圧が低いだけの状態です。
この場合、数ヶ月後をかけて房水の産生が急回復し、急に眼圧が上がって外科的処置が必要になることが多いです。


Re: 無題 - がたっち 2017/07/10(Mon) 23:23 No.3447

返信ありがとうございます。
視力は矯正して0.2〜0.5です。
ブレブは丈が高く、かつ広くて見た目パンパンです。
脈絡膜剥離などは起きておらず、ブレブにしっかり流れているそうです。
様子を見た場合の回復する可能性とシワが戻らなくなる可能性と、圧迫縫合した場合の長期的なブレブ保持との兼ね合いに主治医と執刀医でも微妙にスタンスが異なるようですが、様子をみる場合はシワが戻せなくなる危険性の期間はどのくらいまでかが心配です。あと圧迫眼帯で一時的にシワを伸ばすことを試みることにはどう思われますでしょうか?


Re: 無題 - 栗原勇大 2017/07/17(Mon) 16:27 No.3450

難しいです・・・。
僕ならそのまま様子をみるかと思いますが、すみません。
メールでお答えすべき範疇ではないようです。


Re: 無題 - がたっち 2017/07/19(Wed) 20:02 No.3454

 追伸ですが、先週結局圧迫縫合(左右限局タイプ)を行いましたが、残念ながらほとんど眼圧に変化はありませんでした。
 ヒアルロン酸注入はともかくとして、強膜フラップを1本縫合しても、今回のような圧迫縫合をしても無効というのは困りました。

 現在執刀医以外にも定期的に院長、元々の主治医という、緑内障に力を入れている3名のドクターに定期的に診て頂いているのですが、先進医療の前眼部OCTをやっても房水が後ろに流れているようには見えないということですが、しかし検査での把握も限界があるとは言われました。
 これだけ縫合してもほとんど変わらないというのは考えにくく、ブレブでない別の抜け道があるのではないかと疑ってしまいます。

 今後はしばらく様子を見るとして、考えられる措置としてはブレブ自体上から圧迫する縫合を行うか、後ろへの抜け道が把握できればそこを縫合するか、ガスを注入するか、といったことのようです。

 しかし別の抜け道があるのであれば再度の圧迫縫合も無効の可能性があり、抜け道の把握は難しく、ガスは白内障の恐れがあるようです。
 縫合が無効であればガス注入が効果的な気がしますが、白内障手術に至ることになると濾過機能の維持に危険を伴うのでしょうか。

 濾過手術後眼圧6〜9という、進行期の患者には理想的ともいえる状態になったのに自分の目には耐えられず浅前房、低眼圧黄斑症となり、それもよくあることでこの程度なら1ヶ月とか長くても3〜6ヶ月で自然治癒していくものなのに縫合しようがヒアルロン酸注入しようが、びくともせず直らないというのは、なんとも難しいです。
 ちょっとだけ眼圧が上がってくれるだけでいいのですが、理想的と難治状態はこんなにも背中合わせなのでしょうかと思いました。


視神系乳頭陥凹疑い 投稿者:英子 投稿日:2017/06/28(Wed) 10:03 No.3443

2年前の健康診断、眼底検査で視神系乳頭陥凹の疑いと診断され、病院に行きました。
その時は正常眼圧だけれど陥凹していると言われました。去年も同じ診断でした。
しかし、今年の健康診断での眼底検査では、所見なしという診断でした。
陥凹しているものが自然治癒する場合もあるのでしょうか?

教えてください、宜しくお願い致します。


Re: 視神系乳頭陥凹疑い - 栗原勇大 2017/06/28(Wed) 19:47 No.3444

こんばんは。
視神経乳頭の障害は回復することはありません。
人間ドック・検診は、少ないコストと労力で、ある程度の早期診断を目指すことが目標です。
決して正確な診断を約束するものではなく、病気の見逃しがないわけでもありません。
また、結果を判定する医師の力量も様々です。
今回の判定医は、昨年の先生と比べて、
@本来ひっかけるべき所見を見逃してしまった。(本当に病気かは別として、怪しいと疑うべき所見)
Aより高度な判断で、現時点ではこれ以上の精密検査は必要ないと判断した。
のどちらかが考えられます。

それよりも前回受診した病院での指導を守った方が、通常はよほど正確です。
経過をみるから1年後にくるように。または、2年間で変化がないので、次回は5年後でいいです。
などと、説明を受けたのではないでしょうか?


ハンフリー視野検査MD値 投稿者:清水 投稿日:2017/06/26(Mon) 16:25 No.3441

緑内障について色々調べるうちに、先生のブログにたどり着きました。
ハンフリー視野検査のMD値についてお伺いさせてください。
先生のブログの「緑内障G 静的視野検査:ハンフリー その1」「緑内障H 静的視野検査:ハンフリー その2」では、

>MD値が、
0〜6 dB ⇒ 早期視野欠損(初期)
6〜12 dB ⇒ 中等度視野欠損(中期)
12 dB以上 ⇒ 重度視野欠損(進行期)と分類されます。
多くの場合、初期〜中期では自覚症状は全くありません。中期〜進行期になって初めて、視野が欠けていることを自覚することができるようになるようです。

特に以下の数値に入ると失明するかしないかなどの検討に入ります。
15〜 危険領域
20〜 日常生活が不自由
25〜 機能的・社会的失明

とあります。

上記の内容について、ご質問が2点あります。

@緑内障で点眼治療をされている方のMD値は、どのくらいの方が多いのでしょうか。
先生が記載してくださっています、早期、中等度、重度、危険領域などのイメージで教えていただけると助かります。

A点眼治療を開始する時点で、MD値がどのくらいまでであれば、将来両眼失明する可能性は限定的だと考えられますか。


Re: ハンフリー視野検査 - 栗原勇大 2017/06/27(Tue) 09:08 No.3442

どちらの質問も、個人差があり何とも言えません。
@当院は重症例の紹介が多いためか、毎日のようにハンフリー視野が測れない人が来院されます。
(視野欠損のパターンによりますが、MD値が20とかを超えてくると誤差が大きくなり、ゴールドマン視野が行われるようになります。)
医療モールのクリニック様などでは、多くが初期の患者様なのかもしれません。
(個人でも、緑内障を専門にして重症例まで診ている先生もいます。)

A初診時に進行期でもそのまま進行がみられない人もいますし、初診時に初期でも進行が早い人がいます。
一般的にどうこう。ということではなく、その人の進行スピードと、余命までの年月の問題で、失明のリスクを推測します。


加齢性黄斑変性症について 投稿者:るるぶ 投稿日:2017/06/13(Tue) 17:33 No.3430

栗原先生、こんにちは。私は30代女性ですが先日飛蚊症が気になり眼科を受診したところ網膜が腫れているとのことで進むと加齢性黄斑変性症になると言われました。特別薬も出ず一ヶ月後にまた来てくださいと言われました。その間毎朝チェックシートでセルフチェックをするよう指導されています。いまのところ見え方に問題があるわけではないのですが怖いです。網膜に腫れがあると必ず加齢性黄斑変性症になるのでしょうか。また網膜の腫れを治すことはできないのでしょうか。ご回答よろしくお願いいたします。


Re: 加齢性黄斑変性症 - 栗原勇大 2017/06/25(Sun) 13:20 No.3440

遅くなってすみません。
網膜の浮腫がすべて加齢黄斑変性症というわけではなく、年齢的には考えられるリスクの一つとして説明したようにも感じます。
が、30代でも滲出性の黄斑変性で治療が必要になるケースもあり得ます。
黄斑変性に対する治療としては、特殊なケースを除き、基本的には抗VEGF薬の投与が標準治療です。
内服薬や点眼薬などには明確な治療効果は証明されていません。
抗VEGF薬の注射は1本15万円以上する薬剤を、数ヶ月、数年にわたって度々使用する治療であり、
明確な診断と必要性に迫られて行う医療です。
まずは定期検診を続けましょう。自身でできることは、喫煙者であれば何より禁煙が重要です。


白内障手術手術後の飛蚊症 投稿者:迷えるひつじ 投稿日:2017/04/02(Sun) 19:25 No.3379

宜しくお願いします。

昨年秋頃、右目が急にかすむようになり、
今年の1月末に白内障手術を受けました。
白内障を患っていた頃は、
どんどん見えなくなって行く気がして
不安な毎日でした。
そんな中、飛蚊症の症状も出始めました。

術後は良好ですが、飛蚊症の症状がいまだに
気になります。
眼底検査を3回受けましたが、特に問題ないです。
食事療法やサプリメントや目の体操などを
色々やりましたが改善されません。

気にしないようにと言われても
気になります。

@気にしない、とは具体的にどうしたら
良いのでしょうか?

A脳を上手くコントロールするには、
どうしたら良いのでしょうか?

Bだんだん気にならなくなる、
と言われましたが
だんだんとはどの位の期間なのでしょうか?

術後2カ月が経過しますが、変化なしです。

右目の右下に見える黒いものが視線を動かすと
フワーッと付いてきて正面に見えます。
じーっと見ているうちに消えます。
他にも見えますがコレが一番気になります。


Re: 白内障手術手術後 - 栗原勇大 2017/04/12(Wed) 17:20 No.3383

遅くなってすみません。

@A
飛蚊症という言葉を思い浮かべること、ネットで調べること、認識しようとすることが悪になります。
視界に入っても、浮遊物に意識を向けないようにして、自分の見たい場所にのみピントを合わせて注視するようにします。
(浮遊物のほうがより近くにピントを合わせる必要があるかと思います。)
治せる、治る病気と考えない方がいいようです。あきらめることで、逆に気にならなくなります。
昔から同じようにあるものですが、あきらかに年々気にする人が増えています。
インターネットなどの情報から、「どうにかなるの?」と変に情報収集をしたり、過剰な期待をする人が増えているためと思われます。
まったく治療方法がない昔には、仕方ない。で全員が済んでいたわけです。

僕も稀には硝子体手術をしてしまうことがあるのですが(メンタル面で病的な場合)
簡単には考えない方がいいです。飛蚊症が気になってしまうような人は、その後に起こる副作用などにも過剰に反応します。
今回はすんでいるようですが、硝子体術後は遅かれ早かれ白内障になります。
若い人で飛蚊症の硝子体手術を受けた人は、白内障手術を受けた後の違和感や、老眼などの症状に余計に苦しみます。
通常の白内障手術でも過剰な期待をいだいている人は多々クレームとなり、セカンドオピニオンでいらっしゃいます。
多くの人が我慢できる飛蚊症の症状を我慢できないような方は、白内障術後の見え方にも過剰にナイーブになるようです。

B
個人差がありますが、あきらめて半年、1年もたてば皆さん気にならなくなるようです。
逆に、Dr shoppingを繰り返したり、あきらめない生活をし続けた人は、脳が飛蚊症をより強く認識するようになり、
何年たっても軽快しません。


Re: 白内障手術後の飛蚊症 - 迷えるひつじ 2017/04/14(Fri) 21:53 No.3384

ありがとうございました。

あきらめるのですね。
そうすれば、気にならなくなる!、
やってみます。

眼張ります!

ですが、まだ疑問があります。
宜しくお願いします。

@私の場合は白内障手術前に飛蚊症の症状が出始めました。
今更ですが(手術済みです)、白内障を患って
レンズが濁っていたのに、なぜ症状が出たのでしょうか?
何故見えるようになったのでしょうか?

A飛蚊症の症状が気にならなくなっても、
眼を凝らして見ようとすれば飛蚊症が見える、
コレはどう言うことなのでしょうか?
意識の問題でしょうか?
私は見たくないのに、意識していないのに見えてしまいます。

B飛蚊症の症状が出てしまう、見えてしまう原因は何でしょうか?
昨日まで気にならなかったのに何故急に見えるようになるのでしょうか?

C気にならなくなる、と言うのは、治ったわけではないが
視界から消えて見えない、と言うことでしょうか?


Re: 白内障手術手術後の - 栗原勇大 2017/04/25(Tue) 20:37 No.3387

遅くなりました。
飛蚊症の原因となる濁りは白内障と無関係に出現します。
人生で一番気になる大きな濁りは後部硝子体剥離という現象に伴って生じます。
白内障術後に気になりやすいというのは、以前から存在していた濁りを認識しやすくなるためです。

基本的には、網膜に投影された映像が、そのまま頭の中の画像になるわけではありません。
脳で一度、映像処理をしたあとのものを認識して思い浮かべているのです。
マリオット盲点を自覚しないのも、緑内障での視野欠損が自分で分からないのも、欠損した視野に脳が映像を埋め込んで認識するからです。
同じものをみても人によって色や形まで違って見えたり、静止画でも動いて見える模様があったり、それらは全て脳の働きによります。
幻覚が見えてしまうのは、脳の異常な興奮で網膜に映っていない映像を作り出してしまうからです。
周辺視野に意識を保つと、両手いっぱい広げても周辺まで認識がいきわたりますが、運転中や読書など、中心視野の画像処理に集中すると周辺部の視野は全く見えなくなります。
周辺の画像をoffにしたほうが、中心視野の画像処理能力を向上できるからです。高齢になると脳の画像処理能力が低下し、運転中の視野がさらに狭くなったりします。

中心視野に集中している時に、周囲で手を振っても気がつないことがあるのはわかりますか?
網膜には映像が映っていますが、頭の中には入ってこないのです。

飛蚊症の混濁が新しく生じた時には多くの人が気になるものです。
それを気にしていれば、ずっと強調して映像に取り入れる脳になりうるし、
気にしないでいると、脳は飛蚊症の混濁を除去した映像を作成するようになっていきます。


Re: 白内障術後の飛蚊症 - 迷えるひつじ 2017/04/26(Wed) 16:20 No.3390

ありがとうございます。

お返事を心待ちにしていました。

自分なりに意識を向けないように、見えても仕方ないと腹をくくったつもりですが、
なかなか改善の兆しがみられません。
ある日突然、浮遊物がすっかり見えなくなるのでしょうか?

高齢になると脳の画像処理能力が低下するとのことですが、若い人よりも改善されるまでに時間がかかる、ということでしょうか?

浮遊物がみえてしまうと、気分的にがっかりします。いつになったら見えなくなるのかなぁ、と焦ります。なるべく気にしないように努めているつもりですが。

なので、メガネに色をつけてなるべく見えにくくして
脳を錯覚させようと思います。
その方が脳が順応し易いのでは?
違うでしょうか?

何色が最適でしょうか?
グレー?茶色?
何色でも大差ないですか?
真っ黒は瞳孔が開いてしまうから避けたほうが良いとききましたが…。


Re: 白内障手術手術後 - 栗原勇大 2017/05/10(Wed) 16:19 No.3394

遅くなってすみません。
こういう質問を続けることが、飛蚊症を意識してしまう原因になるので、
お答えしないほうが、きっといいのだと思いますが・・・。
とにかくあきらめることです。
当院には沢山の患者さんがセカンドオピニオンでいらっしゃいますが、
盲点を自覚して頂いたり、脳で物を見る。ということを実感頂いた後は、
ほとんどの方がよくなってしまうようです。
1、2年たって、それでも気になったら手術でもしましょう。と話をして、
本当に来院される方はほとんどいませんし、
ずっと忘れてしまったようで、数年後に悩んでいたことを、ふと思い出してから
お礼のお手紙を頂くことた多々あります。
何かをしようとするのではありません。
そういうもの。仕方ない。が一番です。


Re: 白内障術後の飛蚊症 - 迷えるひつじ 2017/05/18(Thu) 09:33 No.3402

度々のご回答を誠にありがとうございました。

最後にもう一つだけお願いします。

@母が入院中です。お医者様の白衣、病院の白い壁や白いベッド、目のやり場に困ります。リハビリ病院なので、リハビリの見学をしたり、どうしても滞在時間が長くなります。どう対処したら佳いでしょうか?

A意識しなければ気にならなくなる、ともう一度だけアドバイスをお願いします。


繰り返しの質問、誠に申し訳ないです。


Re: 白内障手術手術後 - 栗原勇大 2017/05/19(Fri) 20:42 No.3406

@そんなものだと思うことです。
A意識しなければ気にならなくなります。本当です。

これ以上の質問を続けること自体が飛蚊症を悪化させてしまうのですが・・・。
まず1年間、飛蚊症という言葉を口に出したり、ネットで入力したりすることをやめましょう。


Re: 白内障術後の飛蚊症 - 迷えるひつじ 2017/05/19(Fri) 21:09 No.3409

ありがとうございました。
感謝します。


白内障術後の飛蚊症 - 迷えるひつじ 2017/06/08(Thu) 13:01 No.3427

お忙しいところ度々すみません。

本日、術後に差している目薬を貰いに眼科へ行きました。

調子はどうですか〜?と聞かれたので、
相変わらず飛蚊症が…、といったら、
術後4か月経過しているので、残念ながらこの先もずうっと気〜になるでしょう、と。

飛蚊症の数や大きさには個人差があるから気にならなくなる人もいるけどね〜、
術後半年が気にならなくなる目安だともおっしゃっていました。

栗原先生の仰ることと違ったので、なんだかがっかりしてしまいました。

アドバイスとご指導をお願いします。

度々申し訳ないです。


Re: 白内障手術手術後 - マクラオフ 2017/06/08(Thu) 19:33 No.3428

迷えるひつじさん

横からのコメントお許し下さい。
小学生ぐらいに飛蚊症になって最近網膜剥離を発症した私から一言。
飛蚊症は意識すればするほど苦痛だと思いますが、栗原先生がおっしゃるようにこれは意識しない環境を作るのが一番だと思います。

解決策はありますよ。それは硝子体を切除することですが、飛蚊症のために手術は医師も引き受けないでしょうし、仮に手術出来たとしても術後の後遺症、即ち目の充血や光視症や内視現象などで今以上にストレスを抱えることになります。
私が経験したことです、断言出来ます。

変な言い方ですが、飛蚊症があってもちゃんと物を見ること出来た時代に戻りたいです。それでもなお気になるようでしたら、メンタルクリニックで相談されてはいかがでしょうか。


Re: 白内障手術手術後 - 栗原勇大 2017/06/25(Sun) 13:15 No.3439

遅くなってすみません。
治療しようと考えたり、いろいろ調べるほどに症状が悪化するのが飛蚊症です。
20年、30年前に飛蚊症で悩んだ方も沢山いらしたかと思います。
その方たちが、おじいさん・おばあさんになって、今も悩んでいるという人に会ったことがありません。
メンタル的な病気は、診断がついて楽になったという患者さんもいる一方で、
ネットなどで自分で症状を調べて、抑うつ状態などの正常人でも起こる気分の異常を、
自分で勝手にうつ病と診断して、病状を悪化させてしまっている方が数えられないほどいることと似ているのでしょうか。
ネットの悪い側面ですね。
僕も回答をすること自体が、社会悪になっていそうで、飛蚊症のお答えは気が進みません。。。


術後の目の点滅について 投稿者:マクラオフ 投稿日:2017/05/20(Sat) 10:56 No.3411

初めて書き込みさせて頂きます。
右眼の網膜剥離(黄斑剥離あり)のため、3月にバックリング後に再剥離を起こし、4月に硝子体手術を受けまして、シリコンオイルを入れて現在剥離は落ち着いています。
術後1ヶ月経過した位から日差しが強い所に行くと、視野中心左部が点滅し始めて、五分間激しくチカチカした後に消失するという現象に悩んでいます。
担当医はシリコンオイルが原因と言われましたが、目を閉じても起こっており閃輝暗点に近い症状に近い気がします。
このような現象は術後によく見られものでしょうか。よろしくお願い致します。


Re: 術後の目の点滅に - 栗原勇大 2017/06/04(Sun) 18:22 No.3417

遅くなってすみません。
硝子体が網膜を引っ張る時や、空気などの圧力、
網膜の炎症などでも光が見えるようです。
神経細胞の誤作動なのでしょう。
硝子体手術後やレーザー治療後でも起こります。
消炎とともに徐々に消失します。

現状で、黄斑部に網膜剥離がないかは心配ですが、OCTでは大丈夫ですよね?


Re: 術後の目の点滅に - マクラオフ 2017/06/04(Sun) 22:29 No.3421

お忙しいところ御回答頂きありがとうございます。
出勤や外出する度に点滅が起こって憂鬱だったので原因が分かり安心しました。
実は術後1ヶ月でオイルが乳化し始め、今や視界の半分以上まで泡が溜まっている状態なのですが、乳化や点滅現象も炎症由来なら納得出来ます。

そのオイルも医師より来月除去すると言われていますので、黄斑部の剥離は発生していないと思われます。


Re: 術後の目の点滅 - 栗原勇大 2017/06/05(Mon) 18:36 No.3422

ないことはないですが、1ヶ月で乳化するというのは、かなり珍しい現象です。
年齢が若い人で、糖尿病やぶどう膜、重度の網膜剥離などで、炎症がかなり強い時に数ヶ月で起こることはありますが・・・。
ちょっと再増殖が心配な状態かと思います・・・。もちろん違うといいのですが。


Re: 術後の目の点滅 - マクラオフ 2017/06/06(Tue) 20:55 No.3426

担当医師と別の医師にも診察して頂きましたが、増殖膜はキレイに剥がされているとのことでした。私(三十代です)も乳化は半年先でしょ、と思っていたので、こんなに早く進行していると言われて驚きました。
泡と濁りで視力に支障を来しており、3ヶ月を待たずに抜去して頂きたいのです。


ぶどう膜炎 投稿者:ながやま 投稿日:2017/06/04(Sun) 14:50 No.3415

はじめまして お忙しいなか質問に丁寧にお答えしているのを拝見して私もいくつか質問させて下さい。

現在ぶどう膜炎と診断され リンベタを日に6回
ミドリンpを朝晩点眼しています。
ケナコートは注射済です。血液検査の結果 目だけだろうとのこと。
癒着が三ヶ所あるとのことですが 癒着は治りますか?また、癒着があるままの問題はありますか?

ぶどう膜炎になる前はコンタクトを使用していましだが、いずれ使えるようになりますか?

質問が多くすみません。よろしくお願いいたします。


Re: ぶどう膜炎 - 栗原勇大 2017/06/05(Mon) 18:38 No.3423

癒着の状態や場所などによります。散瞳薬などで解除するケースもあれば、
手術的な治療でなければ取れないもののもあります。
癒着が多く、広くなると、房水の流れがわるくなり緑内障を誘発します。
コンタクトは軽快後、多くは問題ありませんが、診察もしていないので何とも言えません。
(ぶどう膜炎の原因も不明ですので。)


Re: ぶどう膜炎 - ながやま 2017/06/06(Tue) 08:22 No.3425

回答ありがとうございました。


黄斑円孔 投稿者:山口 順子 投稿日:2017/04/15(Sat) 14:40 No.3385

年末に歪みを感じ黄斑円孔の手術を今年2/1に受けた70才女性です極度のドライアイ 翼状片 強膜炎と幼少より眼科と縁れたことが無く今回診断でとてもつらい日々を送ってます

ご多忙のところ恐縮ですが以下の疑問にお答えいただきたく・・・

1 左目1・2が術後0.2で2.5ヶ月経ってもなんの変化も無し! 〜6か月位とありますが少しづつは良くなりますか? 半年たっても変わらないと後は絶望ですか?

2 右眼も兆候あり!で予防方法有りますか? ルテイン・VE・VC・亜鉛のサプリはどうですか?

3 点眼は術後1・5ヶ月で終了 術前より充血が薄っすら残ってますが取れますか?

4 白内障の手術も同時にしましたが その後半月板の様なものがチラチラ見えます 治りませんか? 主治医は術後白内障手術後は一生点眼を・・と言いますが保存料の入った目薬が差せないので使ってませんが大丈夫ですか?


Re: 黄斑円孔 - 栗原勇大 2017/04/25(Tue) 20:46 No.3388

遅くなってすみません。

1.術前視力1.2ではなく、発症前に1.2ですよね??
半年以降、1年後とかに多少視力が改善する症例はあります。
が、大幅な改善ではなく、0.2が0.4になるなどですが・・・。

2.予防法はありません。サプリメントは正直なところ加齢黄斑変性症にもあまり効果がありません。
(片眼滲出性変性の患者さんの、対眼にドルーゼンがある場合に、多少の発症抑制の効果があるくらいです・・・。)
 定期検診で明らかに発症が危惧される場合には、予防的に硝子体手術で後部硝子体剝離を作成してしまうことはあります。

3.4.結局点眼を終了しているのでしょうか?
 炎症があれば継続するべきと思いますが、一生点眼ということは一般的ではありません。
 主治医の先生とよく相談してください。


Re: 黄斑円孔の予防的手術 - 山口 順子 2017/06/04(Sun) 18:15 No.3416

右眼も兆候あり!と診断されてて今年4/15投稿しました山口です その時先生から予防的手術ありとお伺いしたので担当医に打診した所一笑に付されました 左目は矯正で0・8位にはなりましたが裸眼は視力上がらず歪みは全く良くなりません( ;∀;)右眼もなったらお先真っ暗なので先生の診察を受けることが可能であれば是非とも参りたいのですが諸事情で無理なので厚かましいお願いですが香川県近隣でご紹介いただける先生がいれば是非ともお願いしたくすがる思いでメールしました。ご多忙は承知してますが何卒宜しくお願い致します


Re: 黄斑円孔 - 栗原勇大 2017/06/05(Mon) 18:41 No.3424

知り合いの先生はいません。すみません。
兆候ありのレベルが、どの程度のものかによるかと思います。
そもそも予防的な手術は一般的ではなく、経時的な変化をみて、あきらかにマズイ場合のみ検討されます。
そういうレベルではないということなのではないでしょうか?


処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -