栗原勇大の眼科Q&A

質問があれば記載下さい。出来る限りお返事致します。
※Eメール入力は任意です。入力された場合、掲示板に公開されますのでご了承下さい。
※お名前はペンネームや匿名でも可です(空欄だと投稿できません)。
※暗証キー欄にご自分で決めたパスワードを入力頂くとご自分の投稿が修正・削除できます。


[ホームに戻る] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ ※ペンネームでも結構ですので必ず入力してください。
Eメール ※入力は任意ですが掲示板に公開されます。
タイトル ※簡潔で分かり易いタイトルを入力してください。
コメント
※HTMLタグの使用はできません。
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
目の異物感 投稿者:さつき 投稿日:2017/05/19(Fri) 13:32 No.3404

よろしくお願い致します。

普段はソフトコンタクトを使用しています。
先週火曜日に片目の下瞼に異物感(睫毛が入ったときのような感覚)があり、コンタクトを外しても目薬をさしても治らず翌日眼科に行きました。

表面の炎症?と言われフルメトロンを貰いました。1週間コンタクトは入れず目薬をさしていましたが異物感がとれません。もう1度眼科で診てもらいましたが表面の炎症はほとんどなく「異物感を感じるほどではないと思いますが・・感じ方は個人差があるからね。もうしばらく目薬をさしてみてください」と言われました。上瞼に数mmの玉状のしこりがあるのですが、それはものもらいの跡が芯のように残ったものでゴロつきの原因ではないと言われました。手術して取るような大きさではない、とも。

1日中常にゴロゴロするわけではなく、ふとしたときにゴロつきを感じしばらくすると消えるという程度です。
目をギュっとつぶり開けたときなどもゴロっとします。
異物感は下瞼にまつげが入っているような感覚です。このような異物感が続くのは初めてです。

しばらくフルメトロンをさして様子を見た方がよいのでしょうか。
何か怖い病気かもと思うと別の病院を受診した方がよいのかと焦ってしまいます。

お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくお願い致します。


Re: 目の異物感 - 栗原勇大 2017/05/19(Fri) 20:54 No.3408

表面上の痛みで、あまり怖い病気はありません。
角膜炎で治療をして、数週単位で痛みが消えていくことは多々あります。
現状で傷があるなどの所見がなければ、フルメトロンを続けるのは一般的な対応かと思います。
ドライアイの検査は受けてみてもいいかと思います。


Re: 目の異物感 - さつき 2017/05/22(Mon) 11:52 No.3413

栗原先生、お忙しい中返信ありがとうございます。
しばらくフルメトロンを続けてみます。

やはり異物感のある方の下瞼(左目)が気になってしまい注意深く観察してしまうのですが、あっかんべーをしたとき瞼と白目の眼球の境目の細い膜(円蓋部結膜というものでしょうか?)に一部周囲より赤い部分があります。その部分が異物感の原因ではないですよね?これは診察後に私が勝手に気になってきただけで、先週診てもらったときには何も言われませんでした。気にしすぎでしょうか・・

ドライアイの検査も受けてみたいと思います。
片側だけの異物感もドライアイである症状なのでしょうか?
教えて頂ければ幸いです。


義眼の所で質問した者です 投稿者:やすえ 投稿日:2017/05/11(Thu) 21:55 No.3399

突然申し訳ありません。8ヶ月になる娘のことで少しお話を聞いて頂きたく書き込みました。
娘は生後すぐに左目のみ異常(白濁)が認められ、最初の病院で、「先天性角膜混濁」「視力は諦めるように」「おそらく光も通していない」「治療は出来ない」「眼圧が上がると目が潰れてしまう」「定期的に眼圧をはかる方が良い」と。
何となく、来るなら診るけど〜という感じで、ただでさえショックを受けていた私達には少し辛くて、寄り添ってくれる先生を探そうと思いました。
2ヶ所目の病院では、あらたに「小角膜」と診断もされ、「おそらく光は通している」「最初の病院と同じで治せない」「右目が正常なら困らない」と。じっさいに同じような症例を診たことがある先生だったので、数ヵ月に一度診察を受けることになりました。難度か診察を受けている中で、「診断名は小眼球、小角膜」「これくらいの大きさの差なら義眼は必要ない、というかすすめない」
てっきり、年頃になったら黒目のついたコンタクトを入れれば全く目立たなくしてあげられると思っていたので、最初は右目に連動して動いていた左目が内側に入ったように見えるようになり、診察の時に質問したら、「入れるならコンタクト義眼(動かないように固定したもの)と。」
そして次は半年後に来るように、と。

先日、左目の充血がひどくなり、緑内障だったらと不安になり、遠方なのでまず病院へ連絡したところ、「例え眼圧が上がっていても何もしない」「点滴や手術をしても効果は難しい、哺乳できなくなったら対処はするけど、おそらく摘出になる」と。

結局、眼圧が上がった訳ではなかったのですが、主治医の先生は基本的に機能重視です。「右目が正常なら生活に困らない」「どうせ見えていないのだから下手に触るより摘出」。
もちろん、理解できない訳ではないです。
ただ、娘は女の子です。やはり見た目的に何とかしてあげたい。例え光しか見えていなくても、摘出したくはない(これは医学的にというより単なる親心のわがままになってしまうのはわかっています)。

「小眼球と診断されていますが、義眼の必要がない場合もあるのでしょうか?小眼球の眼球は成長するのでしょうか?」(素人目には左目は右目よりは小さいけれど、大きくなっているようにみえます。白濁している小さな黒目も前より大きくなっているような。)
「動かないように固定したコンタクト義眼は、やはり目立つものでしょうか?」
「光しか通してない場合、右目に連動して動かすのは難しいのでしょうか?」
「右目より左目の方が眩しいときによくつぶるんですが、日差しから保護してあげるべきなのでしょうか?」

診察しないとわからないと思います。わかる範囲でかまいません。
めったにいない症状、もちろん周りにもいません。ネットで調べても、小眼球にはいろいろな症状があるようで、よくわかりませんでした。
主治医の先生には本当に感謝しています。ただ、機能ではなく、娘の親として誰かに聞いて欲しいだけなのかも知れません。
「親はいつも笑顔で前向きに」「親としてしっかりしないと」と言われ続けてきて、でもやはりたまにふと不安になり考えてしまったり。
突然長々と本当に申し訳ありません。。


追記です - やすえ 2017/05/11(Thu) 22:02 No.3400

追記です

「娘の場合、緑内障を併発したら、治療して治すことはやはり難しいのでしょうか?」


Re: 義眼の所で質問した - 栗原勇大 2017/05/19(Fri) 20:35 No.3405

遅くなってすみません。
子供のことはいろいろ心配になりますよね。できる限りのお返事を。
眼球が上手に形成されず、小さいまま成長しなかった状態なのでしょうが、
まずまずの機能を保ったまま少し小さいだけ。というケースを除いて、視力はかなり厳しいかと思います。
小角膜は眼球が小さければ当たり前の所見で、さらに角膜混濁ということは、おそらく虹彩や隅角、水晶体にも複合的な異常があると推測されます。
視力的なことを望むのは難しいと思います。

緑内障に関してですが、緑内障は治ることがない疾患で、治療の目的は病気の進行を緩徐にして視野を守り失明を防ぐことです。
お嬢さんの視力はもともと期待できず、治療を受けることはありません。
先天的な眼圧上昇では、むしろ眼球が大きく膨らんでしまいます。(牛眼で調べてみてください。)
(後天的に重度の緑内障でも、眼圧が50以上などで年単位で過ごすと大きくなって破裂することもあります。
患者さんを脅す意味あいもあって、摘出という言葉をあえて使うことがありますが、
実際には眼圧上昇による痛みで、眼球を摘出することはほぼありません。
正常の眼圧であったものが、急激かつ高度に上昇した場合には痛みや嘔気を伴いますが、
ゆっくりと上昇した場合や、先天的な眼圧上昇、急な眼圧上昇でも長期間続いて慣れてしまった場合に、
体が慣れてしまって、あまり痛みを感じなくなってしまうのです。
あまりに高く、眼球が膨れ上がると、角膜潰瘍や角膜穿孔、眼球破裂などが起こり摘出を考えるケースも稀にはありますが。

義眼に関しては、現状の眼球の大きさと、結膜嚢という瞼と眼球の隙間のスペースがどれくらいあるかなどで考えます。
隙間がないと薄いかぶせるタイプの義眼でも入れることが困難です。
病院で相談するよりも、アツザワ義眼さん、日本義眼さん、などに直接伺ったほうが適切なアドバイスを受けられると思います。
作成の場合は費用が掛かりますが、公費の補助が降りない可能性があります。
(市町村や先生の診断書の書き方にもよります)


ありがとうございました - やすえ 2017/05/20(Sat) 12:56 No.3412

お忙しい中、お返事ありがとうございました。
あれから先日の診察で、左目に光を感じていることがわかりました。視力は期待できないことは最初からわかっていたので、光だけでも通していることが、機能的には良いのかわかりませんが、親心としてはとても嬉しかったです。

義眼につきましては、
小眼球でも、骨の形成的に、必ずしも義眼の必要がある訳ではないということですよね?娘のように左右差がこのままで成長していくこともありえるということでよろしいんですよね?
年頃になったら、見た目のために義眼製作所へ相談してみたいと思います。ただスペースがとれない場合には、娘の場合、見た目はどうにかしてあげられることは難しいということでしょうか?(娘の場合、コンタクトだと斜視のように動いて目立ってしまうと思うと言われています)
緑内障を発症した場合は、視力のない左目は治療できないということ、破裂したり膨れたりしなければ、摘出にはならない、と理解しました。
先日の充血は、治った状態での診察で、おそらくですが角膜潰瘍だったようです。潰瘍の原因ははっきりとはわからないと。
とりあえず今はおさまっているので、様子をみていきます。
お忙しい中、長文での質問、申し訳ありませんでした。


術後の目の点滅について 投稿者:マクラオフ 投稿日:2017/05/20(Sat) 10:56 No.3411

初めて書き込みさせて頂きます。
右眼の網膜剥離(黄斑剥離あり)のため、3月にバックリング後に再剥離を起こし、4月に硝子体手術を受けまして、シリコンオイルを入れて現在剥離は落ち着いています。
術後1ヶ月経過した位から日差しが強い所に行くと、視野中心左部が点滅し始めて、五分間激しくチカチカした後に消失するという現象に悩んでいます。
担当医はシリコンオイルが原因と言われましたが、目を閉じても起こっており閃輝暗点に近い症状に近い気がします。
このような現象は術後によく見られものでしょうか。よろしくお願い致します。


両目性黄斑円孔 投稿者:えみゅ〜 投稿日:2017/05/18(Thu) 21:27 No.3403

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願い致します。

今年の4月に左目の黄斑円孔の手術受けました。
まだ術後それほど経っておりませんが、少しずつですが
回復傾向にあります。
そこで心配なのは、今のところ正常な右目のことなのです。
ネットなどで調べると、両目が罹患する確率は様々で
10%〜30%とかなり幅があります。
栗原先生の現場での感覚では実際どのぐらいの方が
両目に発病されているのでしょうか。
それが分かったからと言って、私がどうなるかというのは
予想もできないですが、少しでも心の準備をしておきたいなと
思っている次第です。
ちなみに私は裸眼で0.1の近視、54才女性ですのでかなり
リスクが高いのではと思っております。

なかなか答えにくい質問かと思いますが、
よろしくお願いいたします。


Re: 両目性黄斑円孔 - 栗原勇大 2017/05/19(Fri) 20:45 No.3407

一番多い報告は10%程度だと思います。
当院で手術を受けた人の経過をみても、僕も10%程度だと思っています。
正常な目が黄斑円孔になった場合には、気が付くのも早く早急な手術を受けられることがほとんどで、回復も良好です。
また、定期検診で、穴が開きそうな所見が続く場合には稀ですが、予防的に手術をすることもあります。
どちらにしても治せる病気であり、治療が遅れなければ大幅な後遺症もありません。
あまり心配しなくてもいいのかと思います。


Re: 両目性黄斑円孔 - えみゅ〜 2017/05/19(Fri) 22:36 No.3410

お忙しい中、お答えありがとうございます。
10%だからと言って、ならない保証はないですが、
少しだけほっといたしました。
ありがとうございます。


白内障手術手術後の飛蚊症 投稿者:迷えるひつじ 投稿日:2017/04/02(Sun) 19:25 No.3379

宜しくお願いします。

昨年秋頃、右目が急にかすむようになり、
今年の1月末に白内障手術を受けました。
白内障を患っていた頃は、
どんどん見えなくなって行く気がして
不安な毎日でした。
そんな中、飛蚊症の症状も出始めました。

術後は良好ですが、飛蚊症の症状がいまだに
気になります。
眼底検査を3回受けましたが、特に問題ないです。
食事療法やサプリメントや目の体操などを
色々やりましたが改善されません。

気にしないようにと言われても
気になります。

@気にしない、とは具体的にどうしたら
良いのでしょうか?

A脳を上手くコントロールするには、
どうしたら良いのでしょうか?

Bだんだん気にならなくなる、
と言われましたが
だんだんとはどの位の期間なのでしょうか?

術後2カ月が経過しますが、変化なしです。

右目の右下に見える黒いものが視線を動かすと
フワーッと付いてきて正面に見えます。
じーっと見ているうちに消えます。
他にも見えますがコレが一番気になります。


Re: 白内障手術手術後 - 栗原勇大 2017/04/12(Wed) 17:20 No.3383

遅くなってすみません。

@A
飛蚊症という言葉を思い浮かべること、ネットで調べること、認識しようとすることが悪になります。
視界に入っても、浮遊物に意識を向けないようにして、自分の見たい場所にのみピントを合わせて注視するようにします。
(浮遊物のほうがより近くにピントを合わせる必要があるかと思います。)
治せる、治る病気と考えない方がいいようです。あきらめることで、逆に気にならなくなります。
昔から同じようにあるものですが、あきらかに年々気にする人が増えています。
インターネットなどの情報から、「どうにかなるの?」と変に情報収集をしたり、過剰な期待をする人が増えているためと思われます。
まったく治療方法がない昔には、仕方ない。で全員が済んでいたわけです。

僕も稀には硝子体手術をしてしまうことがあるのですが(メンタル面で病的な場合)
簡単には考えない方がいいです。飛蚊症が気になってしまうような人は、その後に起こる副作用などにも過剰に反応します。
今回はすんでいるようですが、硝子体術後は遅かれ早かれ白内障になります。
若い人で飛蚊症の硝子体手術を受けた人は、白内障手術を受けた後の違和感や、老眼などの症状に余計に苦しみます。
通常の白内障手術でも過剰な期待をいだいている人は多々クレームとなり、セカンドオピニオンでいらっしゃいます。
多くの人が我慢できる飛蚊症の症状を我慢できないような方は、白内障術後の見え方にも過剰にナイーブになるようです。

B
個人差がありますが、あきらめて半年、1年もたてば皆さん気にならなくなるようです。
逆に、Dr shoppingを繰り返したり、あきらめない生活をし続けた人は、脳が飛蚊症をより強く認識するようになり、
何年たっても軽快しません。


Re: 白内障手術後の飛蚊症 - 迷えるひつじ 2017/04/14(Fri) 21:53 No.3384

ありがとうございました。

あきらめるのですね。
そうすれば、気にならなくなる!、
やってみます。

眼張ります!

ですが、まだ疑問があります。
宜しくお願いします。

@私の場合は白内障手術前に飛蚊症の症状が出始めました。
今更ですが(手術済みです)、白内障を患って
レンズが濁っていたのに、なぜ症状が出たのでしょうか?
何故見えるようになったのでしょうか?

A飛蚊症の症状が気にならなくなっても、
眼を凝らして見ようとすれば飛蚊症が見える、
コレはどう言うことなのでしょうか?
意識の問題でしょうか?
私は見たくないのに、意識していないのに見えてしまいます。

B飛蚊症の症状が出てしまう、見えてしまう原因は何でしょうか?
昨日まで気にならなかったのに何故急に見えるようになるのでしょうか?

C気にならなくなる、と言うのは、治ったわけではないが
視界から消えて見えない、と言うことでしょうか?


Re: 白内障手術手術後の - 栗原勇大 2017/04/25(Tue) 20:37 No.3387

遅くなりました。
飛蚊症の原因となる濁りは白内障と無関係に出現します。
人生で一番気になる大きな濁りは後部硝子体剥離という現象に伴って生じます。
白内障術後に気になりやすいというのは、以前から存在していた濁りを認識しやすくなるためです。

基本的には、網膜に投影された映像が、そのまま頭の中の画像になるわけではありません。
脳で一度、映像処理をしたあとのものを認識して思い浮かべているのです。
マリオット盲点を自覚しないのも、緑内障での視野欠損が自分で分からないのも、欠損した視野に脳が映像を埋め込んで認識するからです。
同じものをみても人によって色や形まで違って見えたり、静止画でも動いて見える模様があったり、それらは全て脳の働きによります。
幻覚が見えてしまうのは、脳の異常な興奮で網膜に映っていない映像を作り出してしまうからです。
周辺視野に意識を保つと、両手いっぱい広げても周辺まで認識がいきわたりますが、運転中や読書など、中心視野の画像処理に集中すると周辺部の視野は全く見えなくなります。
周辺の画像をoffにしたほうが、中心視野の画像処理能力を向上できるからです。高齢になると脳の画像処理能力が低下し、運転中の視野がさらに狭くなったりします。

中心視野に集中している時に、周囲で手を振っても気がつないことがあるのはわかりますか?
網膜には映像が映っていますが、頭の中には入ってこないのです。

飛蚊症の混濁が新しく生じた時には多くの人が気になるものです。
それを気にしていれば、ずっと強調して映像に取り入れる脳になりうるし、
気にしないでいると、脳は飛蚊症の混濁を除去した映像を作成するようになっていきます。


Re: 白内障術後の飛蚊症 - 迷えるひつじ 2017/04/26(Wed) 16:20 No.3390

ありがとうございます。

お返事を心待ちにしていました。

自分なりに意識を向けないように、見えても仕方ないと腹をくくったつもりですが、
なかなか改善の兆しがみられません。
ある日突然、浮遊物がすっかり見えなくなるのでしょうか?

高齢になると脳の画像処理能力が低下するとのことですが、若い人よりも改善されるまでに時間がかかる、ということでしょうか?

浮遊物がみえてしまうと、気分的にがっかりします。いつになったら見えなくなるのかなぁ、と焦ります。なるべく気にしないように努めているつもりですが。

なので、メガネに色をつけてなるべく見えにくくして
脳を錯覚させようと思います。
その方が脳が順応し易いのでは?
違うでしょうか?

何色が最適でしょうか?
グレー?茶色?
何色でも大差ないですか?
真っ黒は瞳孔が開いてしまうから避けたほうが良いとききましたが…。


Re: 白内障手術手術後 - 栗原勇大 2017/05/10(Wed) 16:19 No.3394

遅くなってすみません。
こういう質問を続けることが、飛蚊症を意識してしまう原因になるので、
お答えしないほうが、きっといいのだと思いますが・・・。
とにかくあきらめることです。
当院には沢山の患者さんがセカンドオピニオンでいらっしゃいますが、
盲点を自覚して頂いたり、脳で物を見る。ということを実感頂いた後は、
ほとんどの方がよくなってしまうようです。
1、2年たって、それでも気になったら手術でもしましょう。と話をして、
本当に来院される方はほとんどいませんし、
ずっと忘れてしまったようで、数年後に悩んでいたことを、ふと思い出してから
お礼のお手紙を頂くことた多々あります。
何かをしようとするのではありません。
そういうもの。仕方ない。が一番です。


Re: 白内障術後の飛蚊症 - 迷えるひつじ 2017/05/18(Thu) 09:33 No.3402

度々のご回答を誠にありがとうございました。

最後にもう一つだけお願いします。

@母が入院中です。お医者様の白衣、病院の白い壁や白いベッド、目のやり場に困ります。リハビリ病院なので、リハビリの見学をしたり、どうしても滞在時間が長くなります。どう対処したら佳いでしょうか?

A意識しなければ気にならなくなる、ともう一度だけアドバイスをお願いします。


繰り返しの質問、誠に申し訳ないです。


Re: 白内障手術手術後 - 栗原勇大 2017/05/19(Fri) 20:42 No.3406

@そんなものだと思うことです。
A意識しなければ気にならなくなります。本当です。

これ以上の質問を続けること自体が飛蚊症を悪化させてしまうのですが・・・。
まず1年間、飛蚊症という言葉を口に出したり、ネットで入力したりすることをやめましょう。


Re: 白内障術後の飛蚊症 - 迷えるひつじ 2017/05/19(Fri) 21:09 No.3409

ありがとうございました。
感謝します。


眼底出血 投稿者:しらなみ 投稿日:2017/04/29(Sat) 17:10 No.3391

栗原先生、いつもブログ及び眼科Q&A拝見させていただいております。
お忙しい中、恐縮ですがお答えを頂けましたら幸いです。

50代男性、原発開放隅角緑内障で約20年点眼治療を受けております。
左目は中等度の視野障害、右目は初期の障害があります。

先日、定期的に行っている眼底検査で右目に眼底出血が発見されました。
視神経乳頭及び黄斑部からは離れた周辺部での出血で経過観察となりました。
糖尿病などの成人病もなくまさか自分が眼底出血を起こすとは思ってもみなかったため
ショックでした。

1.緑内障になると眼底出血を起こしやすくなりますか?
2.成人病以外で出血を起こす原因はどのようなものがあるでしょうか?
 時々ウエイトトレーニングでいきむことがありますが原因となる可能性があるでしょうか?
3.出血を起こした個所に視野障害が起きることもありますか?

上記について栗原先生の見解を聞かせていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。


Re: 眼底出血 - 栗原勇大 2017/05/10(Wed) 16:26 No.3395

遅くなってすみません。
緑内障の発症因子の一つに、動脈硬化などの血流障害があります。
眼圧(攻撃因子)>視神経血流(防御因子)
多くの方は、「俺はそんなことない。」と仰りますが、
基本的に50歳で動脈硬化が全くない人は世の中に存在しません。
50歳で精密なMRIを撮影すると、極小さな脳梗塞などは全員に見つかります。
(隠れ脳梗塞)
80歳で、脳梗塞もやったことないと、大病をしらずに過ごしているようで、
実際には全員が小さな虫くいだらけの脳になり、脳も小さくなります。
なので物覚えが悪くなったり、機敏に動けなくなっていくのですね。
それを病気ととらえるか、正常な年齢的な変化ととらえるかは価値観の問題です。

また、緑内障による視神経乳頭の形状変化は、網膜中心静脈の変形の誘因となり、
静脈閉塞症を誘発することがあります。

小さな出血は病気でなくても(病気のレベルと考えないレベルで)認めることもあります。
ぶつけた覚えもないのに、手に知らぬ間にアザができていた時もありますよね??
原因や後遺症などに関しては、病名や程度もわかりませんので回答が困難です。
担当の先生にもう一度お聞きください。


Re: 眼底出血 - しらなみ 2017/05/12(Fri) 22:44 No.3401

栗原先生、お忙しい中、お答えをいただきありがとうございました。
動脈硬化について、視神経乳頭の変化が中心静脈閉塞症を引き起こすこと
があること、知らぬ間に小さな眼底出血を起こすことがあること、よくわかりました。
ありがとうございました。


ドライアイ(シェーグレン 投稿者:K.K 投稿日:2017/05/07(Sun) 23:05 No.3393

栗原先生

はじめまして。
涙点焼灼について調べていて栗原先生のブログにたどり着きました。ご教示いただければ幸いです。

5年前にドライアイ(シェーグレン症候群)と診断され、点眼薬で治療を続けてきましたが、昨年の9月より症状悪化、両目に涙点プラグ上下挿入。
症状は改善しましたが、右目は涙点が3つあり(上2つ、下1つ)3番目の涙点プラグが2週間くらいで取れてしまい、右目症状悪化。
点眼薬で様子を見ましたが痛みが改善されず、再度、涙点プラグ挿入。
症状は改善するも、また2週間ぐらいで取れてしまい、症状悪化。
痛みが耐えられないのでプラグ挿入を希望するが、1番大きいサイズでとれてしまうのだから効果は難しいとの事だったので
コラーゲンプラグに変更して挿入。ですが、効果を感じることができませんでした。痛みを点眼薬で紛らわしながら
1ヶ月ほど様子を見て、検診の日に再度コラーゲンプラグを挿入。同じく効果は感じられません。
涙点プラグはすぐとれてしまいましたが入っている間は左右共に症状は改善していました。
涙点プラグもコラーゲンプラグも涙点をふさぐものなのに何故? と思ってしまいます。
コラーゲンプラグが有効でないケースもあるのでしょうか?

現在も点眼薬(ムコスタ・ヒアレインミニ)を規定量1日4回を超えて使用して痛みを紛らわせています。
改善しなければ涙点焼灼も考えていますが、担当のお医者様はもとに戻せないからと消極的な意見でした。

御手数をおかけしますがよろしくお願い致します。


Re: ドライアイ(シェーグ - 栗原勇大 2017/05/10(Wed) 16:52 No.3397

涙点プラグも、コラーゲン(キープティア)も、涙道を塞げば同じ効果がでます。
・キープティアがきちんと留置されず、閉塞されていないケース
・ドライアイの悪化で、閉鎖されているのに角膜炎のコントロールがついていないケース
のどちらかが考えられます。

閉塞されているかどうかは、涙管通水を行うことで確認できますが、
キープティアが早期に流れてしまうリスクもありえます。
手術は一応は「元に戻すことができない。」治療法のはずですが、
上手な先生でなければ、そんなに簡単に焼却できることの方が難しく、実際にはまた開いてしまうケースが多いようです。
また、残念ながら、ドライアイの原因がシェーグレン症候群であれば、
今後、経過して涙液量が増加していく。ということは考えなくていいのではないかと・・・。


Re: ドライアイ(シェーグ - K.K 2017/05/10(Wed) 17:20 No.3398

お忙しい中、回答ありがとうございます。
近々、山王台病院・眼科を受診の予定です。その節はよろしくお願い致します。


白内障と眼底検査について 投稿者:みぃ 投稿日:2017/05/07(Sun) 22:30 No.3392

このような質問機会があることに大変感激いたしました。
栗原先生、宜しくお願い致します。

このたび家族(男性67歳)が白内障の手術を受けることになりました。
片目のみで来月施術予定です。
今まで大きな病気もせず、視力も悪くなく、遠くはキチンと見えました。
老眼のため、本を読むときなどは老眼鏡を使っています。
ここ数年で片目がかすむようになったため、近所の目医者に行くなどして、
今回の手術に至るまで何度か眼底検査を受けました。
手術の決まった病院でも最初に眼底検査がありました。
そこで本人が、眼底検査のたびに見えづらくなると言い出しました。
実はずっと感じていたそうですが、ここに来て何度か続いた検査の後が本当に見えづらく、検査が原因と確信したために口に出したとのこと。
@眼底検査で視力が落ちる(かすみが悪化する)ことはあり得ることでしょうか?
A術前にもう一度、瞳孔を開く検査があるのですが、良い方の目まで見えなくなっては大変不安なので、その検査を手術する目だけにして欲しいと病院側にお願いするのは失礼な行為でしょうか?
Bこの病院では術前に抗菌目薬を点眼する期間が1週間なのですが、一般的には3日ほどのように認識しています。1週間も点眼して問題ないものでしょうか?(良い菌まで殺して悪影響が出たりしないかなど)
C後年、片目を同じく白内障手術することになるとき、今と別の病院で行っても問題ないでしょうか?同じ病院で行う大きなメリットなどありますでしょうか?

ここ数年で急激に視力が低下してしまったのですが、確かにその頃から眼科や健康診断で本人が今までやったことのない眼底検査(瞳孔を開き、強い光を当てる検査)を繰り返してきました。
目が良い人だったので、目の充血や見えづらいというのを、私が心配して無理に受診を勧めてきた手前、申し訳ない気持ちでいます。
何より、本人が視界が悪くなっていくことに、最近特に不安を感じているようで、それが見ていて辛いです。

お忙しいところ大変恐縮ですが、お答えいただければ幸いです。


Re: 白内障と眼底検査 - 栗原勇大 2017/05/10(Wed) 16:44 No.3396

@散瞳状態が人より長く続いてしまう方や、稀には検査後に緑内障発作を誘発してしまうことがありますが、
もし緑内障発作であれば、数日で失明していますので、今回は全く関係ないでしょう。

Aわかりません。僕はそんなことで患者さんに怒ることはありませんが、
正確な診断には、多くの場合で左右差をみることが重要です。基本的には両眼の検査を行います。

B全く問題ありません。耐性菌が数日から1週で発生することは一般的ではありません。
3日と1週でどれほどの効果の差があるのかは明確ではありません。
先生方のポリシーや、ジンクス、お作法などで違いがあります。

C人工のレンズの種類や度数など、同じ医院の方がバランスがとりやすくなります。
転院をして大きな問題があるわけではありませんが、他院で受けた片眼の手術経過が良好で、
もう片眼を当院でしたい、という患者さんがいらした場合、僕はもとの医院での手術をお勧めしています。

散瞳検査で白内障になることはありえません。
基本的に白内障は進行性の病気です。勝手によくなることはありません。
散瞳検査をしようとしまいと、白内障が進行していく時期なのです。そもそも、多少なりとも霞んでると感じたから眼科を受診するきっかけになったのでは?
成長期に近視が進む経過中に、メガネをかけ始めても、より眼球が大きくなれば近視は進みます。翌年に自然の成り行きで近視が進むときに、
「メガネをかけだしてから、進行した。」という訴えも多くありますが、全く根拠のない非科学的な考え方です。
散瞳検査で見え方が悪くなるのは、多くの方で数時間、極稀に散瞳状態が長引く人がいて数日です。
今回は、散瞳検査のインパクトが強かったことや、自身が病気になったことない等で、
過剰な健康意識が強い方などで起こった心理的な問題と思います。
(段階の世代という方に非常に多く、僕もたまに同様の訴えに困惑します。)

診断が白内障で間違いなく、緑内障発作のリスクがないのであれば(緑内障発作が起きやすい人は手遅れになる可能性)
僕なら「今回は手術しない」ことをお勧めします。
手術は結果が同じでも、気分や感情によって、満足度が大きく変わります。
通常の白内障はどんなに濁りが強くなっても、手遅れになることがありません。
散瞳検査をしないで、しばらく過ごして頂き、「検査をしなくても視力が悪くなっていく。これは病気なのだ。」
と、納得してから手術を受けられた方が、後々トラブルも少ないかと思います。


加齢黄斑変性症 投稿者:高橋 投稿日:2017/04/19(Wed) 22:09 No.3386

 栗原先生お忙しい所申し訳ありません、ご相談を宜しくお願い致します。
51歳、男性です昨年7月頃に目に歪みを感じ眼科を受診したところ、加齢黄斑変性症(滲出型)でした、
現在までアイリーア硝子体内注射を6回程しております、
前回注射の間隔を4週から8週にしてみましたが腫れが再発しており次回4週になりました、視力は1.5で良好です、このような状態なので、これから先も毎月46000円の治療費は経済的に厳しい状況にあります。

@アバスチンの使用は可能でしょうか?

A治療費の軽減になりますか?

お忙しい中申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。


Re: 加齢黄斑変性症 - 栗原勇大 2017/04/25(Tue) 21:13 No.3389

こんばんは。
@アバスチンは未認可の治療法で、基本的には認められていません。
抗VEGF薬による全身的な副作用も報告され始めていますが、正規薬に比べて不純物なども多く様々な副作用リスクも高くなります。
当院では例外的に、現時点で正規薬で保険適応がない疾患に無料で施行していますが一般的な医院では難しいと思います。
(血管新生緑内障、ぶどう膜炎、糖尿病患者さんの手術時に消炎など)

A現在行っている医院も存在するとは思いますが、自由診療で費用はマチマチです。
インターネットではほぼ同額を請求して、アバスチンの効果が高いと記載している医院もあり驚きました。
アバスチンの方が治療効果が高いという報告はなく、正規薬の場合は治療費の多くが薬代ですが、
アバスチンで数万円いただく場合は、まるまる病院の利益になりますので。

正規薬が認可された状態で、かつアバスチンは目に入れないでください。とうたわれている状態です。
費用の問題で患者さん自身がアバスチンを希望したとしても、もし感染症が起こって失明をした場合、訴訟では負けてしまう可能性が高いと思います。
こういう問題でアバスチンを扱う医院は減少してきています。
(高橋さんは、アバスチンを使用して万が一感染症で失明した場合、相手の医院を恨みませんか??)


黄斑円孔 投稿者:山口 順子 投稿日:2017/04/15(Sat) 14:40 No.3385

年末に歪みを感じ黄斑円孔の手術を今年2/1に受けた70才女性です極度のドライアイ 翼状片 強膜炎と幼少より眼科と縁れたことが無く今回診断でとてもつらい日々を送ってます

ご多忙のところ恐縮ですが以下の疑問にお答えいただきたく・・・

1 左目1・2が術後0.2で2.5ヶ月経ってもなんの変化も無し! 〜6か月位とありますが少しづつは良くなりますか? 半年たっても変わらないと後は絶望ですか?

2 右眼も兆候あり!で予防方法有りますか? ルテイン・VE・VC・亜鉛のサプリはどうですか?

3 点眼は術後1・5ヶ月で終了 術前より充血が薄っすら残ってますが取れますか?

4 白内障の手術も同時にしましたが その後半月板の様なものがチラチラ見えます 治りませんか? 主治医は術後白内障手術後は一生点眼を・・と言いますが保存料の入った目薬が差せないので使ってませんが大丈夫ですか?


Re: 黄斑円孔 - 栗原勇大 2017/04/25(Tue) 20:46 No.3388

遅くなってすみません。

1.術前視力1.2ではなく、発症前に1.2ですよね??
半年以降、1年後とかに多少視力が改善する症例はあります。
が、大幅な改善ではなく、0.2が0.4になるなどですが・・・。

2.予防法はありません。サプリメントは正直なところ加齢黄斑変性症にもあまり効果がありません。
(片眼滲出性変性の患者さんの、対眼にドルーゼンがある場合に、多少の発症抑制の効果があるくらいです・・・。)
 定期検診で明らかに発症が危惧される場合には、予防的に硝子体手術で後部硝子体剝離を作成してしまうことはあります。

3.4.結局点眼を終了しているのでしょうか?
 炎症があれば継続するべきと思いますが、一生点眼ということは一般的ではありません。
 主治医の先生とよく相談してください。


処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -